保険の見直しのために相談を

安くなるかもしれない

予防

izatoiutoki

保険とは、何かあった時のための予防対策である。
そのため、入っていることで得をするという類のものではない。
しかし、トラブルに巻き込まれる可能性は誰にでも平等に存在する。
また、予期出来ないトラブルというのも多数存在するため、予め害を予想することは非常に難しい。

現在では、あらゆるタイプのものが存在する。
がん、死亡、海外旅行、盗難というように、様々なことに保険をかけることが出来る。

控除

保険料は、世間的にも必要経費と認められている。
そのため、年末調整等で控除を受けることが出来る。
また、自営業であった場合でも確定申告により控除を受けることが可能である。

しかし、控除されるものは全てではないため注意が必要となる。
控除を受けられるものは、生命保険、年金保険等である。

変化

minaosi

月日が経つことにより、制度が変わるものも存在する。
保証金や、給付金の最低額が変わっていくため、一定期間での見直しは必要となってくる。
例えば、がん保険というものは、1990年以前となると球菌制度自体存在しなかった。
そのため、それ以前に加入している人は給付金を受け取ることが出来ない。
しかし、見直しをすることによりそれらのサービスを受け取ることが出来る。

このように、保険に関しては年月が経つことによりサービスが変化していく。
しかし、このような変化は基本的に通知されることはない。
そのため、定期的に見直しをするということが必要になってくるのである。